やっぱり自衛隊はAKB48で行きましょう ∠( ̄▽ ̄*
自衛隊よりかっこいいですね

中国人や朝鮮半島の人々は『日本人昔何をした』といいますが、私たちはそれに対して何もいう必要はありません。黙して語らず――私たちの心情は彼らには理解できないでしょう。
そこは私たちの聖域であって、彼らが入ってくることは難しいでしょう。

2014年2月5日水曜日

機動戦闘車――空挺にこそ進化があり! パラシュート降下可能 

これが空挺に配備されれば、10倍は戦闘力が上がりますね。

期待します。機動戦闘車。

日本を守ってくださった護国の英霊たちに捧げます――元空挺群三中隊士より

特攻隊のこれらの人々の動画を見るに際し、いたたまれない気持ちになります。

お疲れ様でした。でも、私たちは軟弱です。

ぜひ、あの世からご指導、ご加護の程をおねがいいたします <_ーー_>



かつてのこの戦争は、今現在、決して過去の出来事ではありません。

尖閣、竹島、国境紛争において、今、日本は未曾有の危機にあります。

中国は大国であり、極東地域において、最大の軍事力を有しております。

さらに、韓国も、大軍事力を有し、最近は、日本を仮想的とみなしているという情報もあります。

韓国など、鎧袖一触ですが、戦争になった場合、かなりの血が流れますね。

中国もしたり。

やるしかありません。


おれのいた時、ヘルメットのウイングマークが消された 第1空挺団クーデター未遂のでっち上げ報道

なんの根拠もないが、空挺特化大隊がクーデターを計画しているとの、国会討論があり、
(だいたい政治家の選挙へ向けたパフォーマンスだったと思うが、)
空挺は矢面に立たされたことがあった。

空挺は主戦闘部隊が三個普通科群(当時)であるのに、特化だけでクーデターが出来るわけがない。

ぼんやりしながらテレビを見ていた記憶がある。
いまから約30年前のことだ。
(北朝鮮の謀略か?)

そんなわけで、とばっちりを食らって、空挺部隊は危険である、との判断がなされ、
ヘルメットのウイングマークが塗りつぶされてしまい、
外見上は、まったく一般部隊と見分けがつかなくなってしまったことがある。

ウイングマークは、日本語で空挺徽章(きしょう)であり、空挺隊員の誇りでもある。
これを獲得するために、どんなに努力したものか。

空挺徽章(ウイングマーク)は、5回降下して初めて空挺隊員として認められ、あのバッジを胸につけることができる。

ヘルメットにもそうだ。かっこいい (〃⌒ー⌒〃)ゞ

それが消されてしまった。カッコ悪い (・・*)ゞ

さらに、自衛隊そのものが、あの当時、危険視され、
富士演習に行く際にも、移動中は迷彩服は使用禁止、
OD服を着用し、演習場について、やっと迷彩服を着られた。

ちなみに、あの当時、迷彩服着用を許されていたのは、空挺だけだった。

かなり惨めだった。だが、誰一人として、不服を言わなかったことが、なかなか空挺らしいといえる。

給料と、降下手当と、空挺手当を貰えば、それでよかったのかもしれない ^ ^ ゞ


しかし、空挺があの当時、かなり危険視されていたのも事実である。

おれがいたからか?


2014年2月2日日曜日

かつて日本とドイツはいっしょに戦っていた ドイツ空軍 彼らは日本の危機に駆けつけてくれるのだろうか?

メッサーシュミット、ユンカース、ドルニエ、いずれもドイツを代表する戦闘航空団

    ルフトヴァッフェ(空軍)です。

素晴らしいですね

2014年2月1日土曜日

日本にドイツのタイガー戦車が導入されていたら……駐独大使大島の挫折

これがグアム、サイパン、硫黄島、沖縄に投入されていたら、

        かなり米軍は苦戦したでしょうね。

「え……なんでこんなとこにタイガー戦車が……(・~・);;;





タイガー戦車はかっこいい(*^^*)







フォロワー